大腸がんを早めに治療しよう|再発を防ぐ治療法

がんが再発しないために

患者と家族

生活全般の改善

大腸がんという言葉を聞くと、いかにも恐ろしいイメージがありますが、専門家に言わせると必ずしもそうではありません。大腸がんは、早期発見を行えれば、かなりの確率で完治可能ながんの一つです。そのため、定期の大腸がん検診を行なうことが重要です。年に1〜2回の大腸がん検診を行なうことで、大腸の健康を維持出来るのです。健康診断の検査項目に、大腸がんの項目がないようであれば、最寄りの医療機関で、定期検診を受けるように心がけましょう。大腸がんの治療方法としては、手術療法や食事療法、放射線療法などがあります。肥大の大きいがんは手術治療も必要になりますが、手術以後は、食事改善に関する勉強とその実行がカギとなるといいます。毎日の努力が必要なので、その苦労も大変ですが、体が楽で、体力の消耗も少ないと、大勢の患者さんから支持をされています。苦しい治療でなく、食事を替えたことで、健康体を取り戻した人も多いのです。

穏やかな治癒を望む声

がんと食生活は、密接な関係があります。特に胃がんや大腸がんは、食事の影響が大きい病気です。これまでは、がんを消滅させさせるために、強い薬や放射線が用いられていましたが、患者団体からは、もっと穏やかな治療法はないものかとの声があがっていました。その声を受けて、医師の側は、胃がんや大腸がんの特性に注目し、多少の時間はかかっても負担が少ない方法を模索してきました。そして、臨床結果より、食生活の改善による治療を取り入れることが望ましいことも発見しました。食を替えることにより、並行して行う治療もその負担が少なくなり治癒率も上昇したといいます。今後は、化学療法一辺倒ではなく、生活改善を取り入れた治療が一般的になると想定されます。